Blog

Blog

『ドミノ』恩田陸(2004)角川文庫

管理者Sの読書録 #35 「雨上がり眩しく光る友の笑み」 すべきことが増えてくると、現実逃避のためか、どうも他のことに目がいってしまって、肝心なことが前に進まない。今日だって、仕事を前に...
Blog

『定刻発車』三戸祐子(2001)交通新聞社

管理者Sの読書録 #34 日本社会に刷り込まれた鉄道のリズム 大都市の鉄道員にとっては一秒を惜しんで列車を発着させることが常識となり、他方では、鉄道空間ではテンポよく行動することが、都...
Blog

『地域の社会学』森岡清志編(2008)有斐閣

管理者Sの読書録 #33 地域社会から近代社会システムの改革を遂行する 近年の〈地域〉への認識の変化は、… グローバル化の進展、大量生産・大量廃棄型生産の行き詰まり、環境問題への関心の...
Blog

『脱学校の社会』Illich,I.(1971). [東洋・小澤周三訳]東京創元新社

管理者Sの読書録 #32 学校化されることで現出する新たなる貧困 どこででも市民は学校教育の潜在的カリキュラムによって、科学的知識に裏付けられた官僚機構は効果的で、温情的であるという神話...
Blog

『イメージの〈楽園〉』山中速人(1992)筑摩書房

管理者Sの読書録 #31 ハワイにおける「太平洋の楽園」幻想イメージの誕生 近代の社会にあっては、この個人は特定のエスニック・グループの成員としてのアイデンティティをもつと同時に、メディ...
Blog

『基礎から学ぶ博物館法規』栗原祐司(2022)同成社

管理者Sの読書録 #30 博物館法令における体系的な逐条解説  2022年度日本公開天文台協会全国大会におけるセッションの1つに、2022年に改正された博物館法をめぐる討論会「新しい博物...
Blog

『急に具合が悪くなる』宮野真生子・磯野真穂(2019)晶文社

管理者Sの読書録 #29 選択と約束の偶然性 選択とは偶然を許容する行為であるし、選択において決断されるのは、当然の事柄ではなく、不確定性/偶然性を含んだ事柄に対応する自己の生き方である...
Blog

『お姫様とジェンダー』若桑みどり(2003)ちくま新書

管理者Sの読書録 #28 童話に潜む「シンデレラ・コンプレックス」を読み解くジェンダー学入門 プリンセスものの大流行は、きたるべき男女共同参画社会のいちばんの障害かもしれないのである。ど...
Blog

『知の教科書 フーコー』桜井哲夫(2001)講談社

管理者Sの読書録 #27 権力のテクノロジーと自己のテクノロジーのはざ間で 歴史研究は、ある社会や文化のなかに存在するさまざまな発言行為のかたまり(アルシーヴ、資料集成)がどのようなシス...
Blog

『流星ワゴン』重松清(2005)講談社

管理者Sの読書録 #26 昭和と平成における家族の形  重松清氏らしい、感動の一冊だった。たまには小説も読まないと、頭が摩耗してしまう。  斎藤美奈子氏が「解説」で指摘するように、...
タイトルとURLをコピーしました