Blog

Blog

『外国人が熱狂するクールな田舎の作り方』山田拓(2018)新潮新書

管理者Sの読書録 #16 ビジネス・コンサルタントの経験を活かした事業運営と観光地づくり 私たちは、きっかけがあって、年収や所得という尺度以外の価値に目を向け、自分たちが模索を始め、動き...
Blog

『自転車コミュニティビジネス』近藤隆二郎編(2013)学芸出版社

管理者Sの読書録 #15 自転車を活用したビジネス事例集 自動車は、自分の姿に合わせて都市を形づくることによって徒歩や自転車での移動を締め出す(根源的独占)。そこで、コンヴィヴィアリティ...
Blog

『サイクルツーリズムの進め方』藤本芳一・輪の国びわ湖推進協議会(2019)学芸出版社

管理者Sの読書録 #14 サイクルツーリズム推進のための実践マニュアル 日本では、以前から駅やその周辺にレンタサイクルを用意し、シティサイクル(いわゆる「ママチャリ」)を用いて観光地をめ...
Blog

『成功する自転車まちづくり』古倉宗治(2010)学芸出版社

管理者Sの読書録 #13 政策面から見た「自転車活用型のまちづくり」実現への提言 自転車の利用促進のための目的が最初であって、自転車利用の促進は、目的に合わせて設定すべきものである。多く...
Blog

『自転車利用促進のためのソフト施策』古倉宗治(2006)ぎょうせい

管理者Sの読書録 #12 自転車利用活性化の可能性を根本から問い直す 本書『自転車利用促進のためのソフト施策』は、そのタイトルにある通り、自転車を通じたまちづくりの可能性について「安全性...
Blog

『幻影の時代』Boorstin, D. (1962). [星野郁美・後藤和彦訳] 東京創元新社

管理者Sの読書録 #11 観光研究という「疑似イベント」—現代に通ずる鋭い視座 われわれの意識に押しよせてくる疑似イベントは、昔ふうの意味では本物でもなければ偽物でもない。疑似イベントを...
Blog

『大衆消費社会の登場』常松洋(1997)山川出版社

管理者Sの読書録 #10 20世紀初頭アメリカにおける消費文化の変容と余暇の誕生 かつて小企業家がもっていた労働倫理や、労働を通じてえた価値や技能で生活全般を規律づける職人の誇りが欠如し...
Blog

『観光教育とは何か』前田武彦編(2013)アビッツ

管理者Sの読書録 #9 観光教育における理想と現実 21世紀におけるわが国の発展においては、「観光立国」の実現が必至であるとの認識のもと、2007年に「観光基本法」を全面改訂して制定され...
Blog

『自転車が街を変える』秋山岳志(2012)集英社新書

管理者Sの読書録 #8 自転車は「オルタナティブ・トランスポート」になり得るか? クルマにも歩行者にも邪魔者扱いされている「ミソっかす」から、交通の主流へと躍り出る潜在力。それを引き出す...
Blog

『本当の夜をさがして』Bogard, P. (2013) [上原直子訳] 白揚社

管理者Sの読書録 #7 光害研究の必携書—光と闇から社会を見つめ直す 夜の観光を通じて、スターライト・リザーブは世界中の地域社会に発展の機会を与えてくれるとシプリアーノは考える。つまり暗...
タイトルとURLをコピーしました